忍者ブログ
2008.11/7開始。BLと猫とドールをこよなく愛しています。
[5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

人に出会って、「あ、この人に負けたな」と思う瞬間、私はよくあるんですが。

一番、負けたなと思う事柄っていうのは、実に『謙虚さ』だったりします。

初対面の人だろうが、自分よりも目下の者に対してだろうが、男だろうが女だろうが、えらかろうが、そうじゃなかろうが、常に相手を尊重できる人。

私が尊敬する人はほとんど、そういう人です。

最近知った、漫画家の人もすごく謙虚な方で、その姿勢がなんとも素晴らしい。

驕らない、えらそぶらない(同じかも)、初心を常に忘れないという態度を貫かれている。

自分の才能を過信しない。

なかなか出来ないことだと思う。

その時点で満足してしまうと、それは真の芸術家ではないと思うのでやはり、そこでも共感してしまう。

芸術は難しいよね。

つたなくても、その方がかえって味が出ていいということもあるし。

下手に小さくまとまるなら、上達しない方がいいとも言えるし。

技術が伸びることで、反対に失うものもあるし。

最近、芸術のことをよく考えているので・・・。

今日は高尚な(???)話題になりました。

謙虚。うん、大事だ。

自分のためのメソッドじゃないだけに、人は簡単に捨ててしまうのかな。

(*でも、あまり過ぎると卑屈になるので、要注意!でもある)





PR
昨日は13日の金曜日で、一夜明けた今日はバレンタインデーで、なんだか地獄と天国が一度にやってきたような、よくわからない日ですね。

私はお休みが頂けたので、またビーズをしていました。

9134cf0b.jpg










今度こそ、青です。

この間と同じパターン。マスターするまでは、しばらく色を変えて同じのを作っていきます。

そんなのでよかったら、またアップしますね。

話は違いますが、UNIVERSAL RADIOというサイトの『キミとボク』というのをご存知でしょうか?

BLとは、全く関係ないサイトです。(スミマセン)

私がペットロスになってたときにある方に教えて頂いて、見ていた『猫と飼い主の物語』なんですが、今も心がよどんでくると清浄化するために見ています。

今日も見ました。

泣きました。

大事な気持ちを再確認させられる・・・。

こんなことしてちゃダメじゃんって、思わせてくれます。

主人公のネコがうちの凛たちに見えます。

そして、言葉が凛たちの言葉に聞こえます。

頑張って明日も働こう!







春一番と黄砂の影響で、外は大荒れの天気です。

出て行きたくないなぁ。

ではさくっとレビューします。

またまた依田さんの作品です。

『愛の深さは膝くらい』(花音コミックス刊)。一年位前の作品。

新刊、出ていないよ。早く出てください(祈)

先生と生徒の恋。

恋・・・なのかなぁ。うん、恋なんだろう。

先生(石倉)の方は大人のずるさとか、結構持ち合わせていて、初めは生徒(昴)を翻弄してるのだけど、いつの間にか反対に翻弄されてます。

純粋なんだ、昴は。

代用教員として教師になった石倉は顧問を任された書道部で一年の昴に出会います。

でも、昴は石倉にことあるごとにつっかかっています。

というのも、彼がかつて姉の恋人だったことがあるとか、不埒な行為をしていたのを見ていたからというのもあるんですが、まぁ、でもお互いに惹かれるところがあったんでしょうね。

依田さんは、単純なストーリーでも楽しく、読者の好みに膨らませてくださるので、読んでて満足感が大きいです。

一枚、一枚、ページをめくるのが惜しい感じ。

終わった後、『あ~、終わってしまったんだ』と悲しくなる感じ。

そして、また一から読み直してしまう。

ホントに、大好きな作家さんです。

今回の舞台が高校の書道部っていうのも、なんか意外性があってよかった。

書道って、心に迷いが生じると、全然書けなくなる。

仕事で、のしに名前を書いたり、和菓子の札を筆ペンで書いたりするんですが、上手く書けたときはたいてい無心です。

上手に書こうと思うとよけいに書けない。

お客さんが待ってて、焦らされたらもっと書けない(苦笑)

無心っていうのは、でもものすごく難しい。

人間だから。不完全だから。

昨日も、引継ぎの時、私の知らないところでよくみえるお客さんと私のことをかなり話題にされてたという話を聞きました。

悪い話じゃないけど、ちょっと怖かった。

結婚していないというのも、ものすごい速さで駆け回っている。

お世話しなきゃとか、なぜなのかとか、あの人はどうだとか・・・・。

噂って怖い。

でも、こういう、人に顔を売る仕事をしていると逃げられない。

狭い町だから、よけいに。

できればひっそりしていたいと思うのに。

どうなるんだろう・・・。

自分の気持ちを無視して、広がっていく噂や話にただただ、怯えている。

明らかになるのは怖い。

出来ればそっとしておいて欲しい。

でも、そういう自分をあえて隠して好人物(社交的な)を装っているんだから、仕方がないのか。

人に会いたくない。

人前に出たくない。

でも、そういうわけにもいかないか・・・。07199534.jpg

今日は雨が降ったり、かと思ったら日が差したりと、ちょっと変わった天気です。

きつねの嫁入り・・・というのともまた違う感じ。

そういえば昨日もそんな天気だった。

気に入っているのか、空!

さぁ、レビューしましょう。

今日は依田沙江美さんのコミックス『さくらのくちびる』。

大好きだった『チョコレートキス』と同じテイスト。

こっちの方が古いので、『チョコレート・・・』の方がこれの流れで出来たのでしょうか。

主人公は高校入学したばかりの佐倉くん。

彼は入学式早々、運命の出会いをします、生徒会長の穂積さんと。

と言っても、生徒会長のほうが佐倉くんにひとめぼれで、押して、押して押しまくるんですが・・・。

それまでの佐倉くんは男の子同士の恋愛にまったく興味はなく、むしろ告白されたりする度に怒っていたんですよ。

でも、穂積さんには自然になついていって、本を借りたり、制服のベストを譲ってもらったり、でも、それは贔屓をしてもらっているとしか思えずに・・・。

でも、穂積にキスをされたり、その先の行為までされた時、佐倉くんはいっぱい、いっぱいになってしまって、
とにかく逃げなくちゃと思うわけです。

それで、穂積さんとデートするはずだった日に、双子の弟(英輔)を自分にしたて、英輔の彼女とその場所に行ってもらって、待ち合わせの場所にいる穂積さんに見せ付ける・・・という悪巧みを実行してしまいます。

それを、変装して影から見てるんだけど・・・。

次の日、自己嫌悪で落ち込んでいる佐倉くんのところへ、穂積さんがやってきます。

バッチーン!

って、ひっぱたかれます。

『ふざけるな!』と。

それから、穂積は本調子じゃないわ、生徒会の仕事もミスばっかりだわ、仲間が心配して、佐倉君のところへ行って、修復するようにかけあうんですが・・・。

佐倉くんにも、佐倉くんの言い分もあるわけで、先輩達は仲直りできる場を設けてあげるんですね。

そこで、佐倉くんはデートの日は実は自分じゃなく弟に代わりに言ってもらったと本当のことを言います。

それでも、穂積はそんなに嫌だったんならもういいよと去っていこうとするんですが、佐倉くんが泣き出して・・・。

ずっと出来がよくて、性格のいい弟にコンプレックスを抱いてた佐倉くんは、いろいろ思ってることがあったんだね。

逃げるしかなかったんだね。

だから、違う高校へ行って、いい子になろうと頑張っていたんだけど、今度は穂積さんから逃げたくなって・・・。

逃げ癖・・・、なかなか抜けられないよね。

私もなので、よくわかる。

穂積さんが佐倉くんを好きになってくれて、本当によかったと思います。

この続き、描いて欲しいなぁ。

他のお話も不思議なのや、シリアスのや、よかったです。

依田さんの新刊、早く出ないかなぁ~。

21TS74STWKL._SL500_AA140_.jpg











そうそう、昨日作ったビーズのネックレス、結構よく出来上がりました。

あー、もう一日中こんなことしていたい。

クリエイトすることは大好きです。

もう少し、器用だったり、才能があったらよかったのに・・・。

でも、趣味だから、100パーセント楽しんで出来るんでしょうね。

32e20669.jpga5d3d71a.jpg




昨日と今日とめちゃくちゃ疲れました。

昨日は塾の方だったんですが、ちょっと人間関係で悩むようなことがあり、寝る前まで考えていました。

で、今日は朝から仕事で、平日なのに「なんで?!」ってくらい忙しくて、へろへろでした。

開店前に荷物が届かないとか、ワガママなお客さんに振り回されるとか、もう汗々・・・でした。

本当に疲れた~~~~。

店に貢献するって疲れる。

売って、売って、売りまくった一日でした。

どうだ!まいっただろう!

と、店の本店がある方角に向かって密かに思っている私でした。

はぁ。

あまりにも肉体的だけじゃなく、精神的にも疲れたので、帰ってからは芸術の時間にあてました。

音楽鑑賞とビーズ製作。

バンプの『orbital period』を聴きながら、感性を磨いていました。

彼らには一番感化を受ける。

感性が似てるからかな~。

うん、めちゃ好きだ!

そういえば、レビューを怠ってますね。

なかなか、読む時間がなく・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

新刊もさっぱり、読んでない。

この間、ちょっと前のを何冊か読んだのですが、イマイチだったな・・・。

やっぱり、ここ最近のベストは『半化粧の恋』だな。

高井戸さんの新刊もまだ買っていないし。

新刊ではないけど、剛しいらさんの『黒衣の公爵』シリーズはよかったです。

まだ、三巻目を読んでいないので、レビューはまたの機会にしたいと思いますが。

明日は休みなので、レビュー、しっかりしたいと思います。

本屋でバイトしていた時のこと。

辞める一年くらい前から、仕事場へ行くのが怖くなった。

大好きな場所で、居心地の良さはかつてないほどの店だったけれど。

従業員の人ともうまくいっていて、問題は社長だけで、あの人はみんな嫌いで団結して怒っていた(密かにだけど)。

本に囲まれていることも、店の雰囲気も、流れている有線の曲調も大好きだったのに・・・。

PDのせいだった。

仕事場で倒れそうになって、うずくまってしまったことがあった。

ものすごく忙しい日で、あれはたぶん、お正月だったかな、レジの前に10人以上の列が出来て、何人さばいても、次から次からやってきて、もうダメだと思ったとき、コミックスを30巻ほど、目の前に積まれて、目の前が真っ白になった。

フェードアウト・・・。

でも、交代要員はいなくて、他の人たちは他のお客さんたちに捕まっていて何か聞かれてて・・・。

手が震えて、声も震えて、顔は血の気がなくなっていくのが自分でもわかって、頭も段々痺れてきて、自分がなにをやっているのかさえわからなくなって・・・・完全パニック。

それでも、目の前の人並みは消えてはくれない。

みんな、遅いな、早くしてくれよ!って感じで怖い顔で待っている。

ダメだ、ダメだ、昏倒してしまうと思えば思うほど、状況は悪くなって・・・。

しゃがみこんだ。涙目で。その時、たまたま近くに来てくれた従業員の人に『スミマセン、気分が悪くて・・・』と言った。

その人は『はぁ?』という顔で私を見られたけど、蒼白な顔にびっくりしたようにレジを手伝ってくれた。

この忙しい状況を見て、手伝いに来るという人は、悲しいかな期待できない職場ではあった。

社長が低賃金ギリギリで働かせているから、みんな自分の仕事最小限しかしようとしなかった。

どんなに優しい人でも、話してて楽しい人でも、仕事に関してはシビアな職場なんだとそれはわかっていた。

仕事は仕事。誰も手伝ってくれない。

それを非難することはなかった。

そういう人はいるから。(ただ、友達にはおおいに愚痴ったけれど。)

でも、仕事場って、そんなもんだと思った。

楽しい場所なはずがない。自分の仕事はせめて、一生懸命やれという無言の教えは届いていた。

だから、それでも好きな場所だから、離れたくない自分の居場所のように思っていてから、絶対、辞めたくなかった。

でも、あの昏倒しそうな記憶が、最悪の記憶が、それからも何度も私を襲って、命の危険を感じるようになって・・・。

辞めました。

あんなに辞めたくなかった職場はなかったな・・・。

自分がPDじゃなかったらと思うと本当に悔しくて、辛かった。

PDのために諦めたもの、ことは、いっぱいあるな・・・。

でも、もうそれについてはあーあという考えでしかない。

PDでも自分でいられることを考える方が建設的だと気付いたので・・・。

ただ、悲しいという気持ちはなくならないけど。

今の職場は・・・・・・・・・。

好きだとはまだ言えない。

いつか言えるようになるのかな。

引継ぎの時だけ同僚と出会う。

AさんもBさんもいい人だけど、私はBさんと交代のときはほっとする。

Aさんは優しい。でも、時々、わからなくなる時がある。

ものすごく、冷たい目の時があって。

そういう時は話もつっけんどんというか、機嫌が悪いのかなと思うことがある。

人にはそれぞれ事情があるから、そういう日があっても仕方ないのだけど、どういうときでも他人には同じ顔しか見せられない自分にはどう対処していいかわからなくて、困る。

冷たい態度を取られるのが悲しくて、ついは媚びたもの言いになる。

笑顔をみたいだけなのに、なかなか笑ってくれないから余計悲しくなって。

Bさんはいつも同じなので、だから安心するんだろうな。

ほっとする。

今日はAさんの引継ぎ。

昨日もAさんだった。ちょっと、機嫌が悪かったな。

今日はどうかな。店に入る前に覚悟しそうだ。

どんな顔を見てもくじけない覚悟。

ささやかな決心。


追記

そうそう、本屋さんのレジは手打ちでした。今日び、バーコードがないレジって・・・・それだけでも最低だったな。




 



忍者ブログ [PR]
カレンダー
12 2020/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[03/02 凛]
[02/24 香酢]
[12/31 凛]
[12/31 桜]
[12/13 凛]
[12/13 Startin']
[12/11 凛]
[12/11 桜]
[12/04 凛]
[12/03 Startin']
最新記事
(04/20)
(12/10)
(11/12)
(09/23)
(08/24)
(08/03)
(07/30)
(07/28)
(07/26)
(07/21)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
性別:
非公開
趣味:
読書、ビーズ、ドール
自己紹介:
猫4匹と同居。
趣味や日々の出来事を中心に綴っていきます。BLや球体関節人形が苦手な方はゴメンナサイ!
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析