忍者ブログ
2008.11/7開始。BLと猫とドールをこよなく愛しています。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨日、店を閉めて清算をしていると、背後から変な声でよたっている人の声がするんですよ。

なんやろと思いつつ、お金の計算をしていたら、なんか私に向かって喋ってるんですよね。

恐る恐る振り返ると、その人は良く行くお店の店員さんだったのですが、声が風邪で潰れていて、一見、完全に出来上がっている人っぽくクネクネしてました。

お酒が入っているんじゃないのってくらい、よろけてはったし・・・。

まぁ、普段から、ちょっとコケティッシュなところのある方なんですが、よけいにムンムンしてたかも・・・。

また、手に缶ジュースを持ってたし(それが、チューハイの缶に見えたし!)。

なんで、風邪引くとみんな酔っ払いみたいになっちゃうんですかね。

私も彼女ほどじゃないけど、若干、似た感じになります。

よたるっていうか・・・。

理性が失われるっつうか。

いつも、ヘラヘラしてるのが、さらに拍車をかけるんで、『どうしたん?』とか、『頭、打ったんちゃう?』とか、言われます(失礼な!)。

今も、風邪引いてる状態なんで、ちょっとハイです。

その勢いで書いてしまうには怖い作品なんで、ちょっとセーブかけながらいきます。

山藍紫姫子さんの作品です。

この方のは、いろいろスゴイと聞いていて、怖くて手が今まで出せなかったというのが実状です。

なにが、スゴイって・・・うーん、どう言ったらいいんやろ。

つまり・・・体的にも、心的にも、相当痛い・・・そうです。

でも、怖いもの見たさなところもない・・・ことも・・・ない・・・こともない・・・(どっちやねん!)

という状況の中、1冊だけ買ってみました。

それが、『虹の麗人 ~イリス~』。

両性具有の受けさんです。

なんのことはない、『これこそ、ハーレクインロマンス!』って、作品でした。

彼はすごく頭がいいんですが、若いのに室長(研究所の)に抜擢されたため、研究員たちの強い反感にあい、研究所の中で孤立してしまいます。

かなり、陰湿な人たちです。読んでて、腹が立ちます。

そして、彼を室長に抜擢したというのが、彼に執着している、所長であり、伯爵であるダリ氏。

受けさん(イリス)はただひたすら、自分の秘密がばれることを恐れています。

で、ダリ氏の生物学研究所で自分が人体実験されることを非常に怖がっています。

ダリ氏はただ、単にイリスが好きで好きでしかたない、結婚を望んでいるぐらい愛しているのに、イリスはそうと思っていないので、彼が近づいてくる度に、いつそちらの研究所に送られるかとビクビクしています。

生い立ちがとても不幸で、それを救ってくれたのもダリ氏なのですが、イリスにはそれが愛情からだとはまったく思っていないので、本当に最後までじれったくなる様なお話でした。

でも、そのじれったさが心地よい・・・というか、最後を盛り上げたという意味では十分功を奏していたと言えます。

なんとなく舞台がヨーロッパ(?)で、攻めが伯爵という爵位を持っているというのも、退廃的な雰囲気を醸し出していて、いい意味で相乗効果を高めている様な気がします。

たぶん、山藍さんの著書の中で、一番ソフトで、甘い作品だったんじゃないかな。

両性具有ってところも、全く違和感なかったし。

この人の他の著書のあらすじには、『調教』とか、『飼育』とか、な、なんか、恐ろしい言葉がそこかしこに踊っているんですが・・・。

読んでみたい感じなのは、『愛と憎しみの迷宮』、『シシリー』、『長恨歌』です。

ものすごくドロドロしてそうです。01947287.jpg

PR


忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[03/02 凛]
[02/24 香酢]
[12/31 凛]
[12/31 桜]
[12/13 凛]
[12/13 Startin']
[12/11 凛]
[12/11 桜]
[12/04 凛]
[12/03 Startin']
最新記事
(04/20)
(12/10)
(11/12)
(09/23)
(08/24)
(08/03)
(07/30)
(07/28)
(07/26)
(07/21)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
性別:
非公開
趣味:
読書、ビーズ、ドール
自己紹介:
猫4匹と同居。
趣味や日々の出来事を中心に綴っていきます。BLや球体関節人形が苦手な方はゴメンナサイ!
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析