忍者ブログ
2008.11/7開始。BLと猫とドールをこよなく愛しています。
[83] [82] [81] [80] [79] [78] [77] [76] [75] [74] [73]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

春一番と黄砂の影響で、外は大荒れの天気です。

出て行きたくないなぁ。

ではさくっとレビューします。

またまた依田さんの作品です。

『愛の深さは膝くらい』(花音コミックス刊)。一年位前の作品。

新刊、出ていないよ。早く出てください(祈)

先生と生徒の恋。

恋・・・なのかなぁ。うん、恋なんだろう。

先生(石倉)の方は大人のずるさとか、結構持ち合わせていて、初めは生徒(昴)を翻弄してるのだけど、いつの間にか反対に翻弄されてます。

純粋なんだ、昴は。

代用教員として教師になった石倉は顧問を任された書道部で一年の昴に出会います。

でも、昴は石倉にことあるごとにつっかかっています。

というのも、彼がかつて姉の恋人だったことがあるとか、不埒な行為をしていたのを見ていたからというのもあるんですが、まぁ、でもお互いに惹かれるところがあったんでしょうね。

依田さんは、単純なストーリーでも楽しく、読者の好みに膨らませてくださるので、読んでて満足感が大きいです。

一枚、一枚、ページをめくるのが惜しい感じ。

終わった後、『あ~、終わってしまったんだ』と悲しくなる感じ。

そして、また一から読み直してしまう。

ホントに、大好きな作家さんです。

今回の舞台が高校の書道部っていうのも、なんか意外性があってよかった。

書道って、心に迷いが生じると、全然書けなくなる。

仕事で、のしに名前を書いたり、和菓子の札を筆ペンで書いたりするんですが、上手く書けたときはたいてい無心です。

上手に書こうと思うとよけいに書けない。

お客さんが待ってて、焦らされたらもっと書けない(苦笑)

無心っていうのは、でもものすごく難しい。

人間だから。不完全だから。

昨日も、引継ぎの時、私の知らないところでよくみえるお客さんと私のことをかなり話題にされてたという話を聞きました。

悪い話じゃないけど、ちょっと怖かった。

結婚していないというのも、ものすごい速さで駆け回っている。

お世話しなきゃとか、なぜなのかとか、あの人はどうだとか・・・・。

噂って怖い。

でも、こういう、人に顔を売る仕事をしていると逃げられない。

狭い町だから、よけいに。

できればひっそりしていたいと思うのに。

どうなるんだろう・・・。

自分の気持ちを無視して、広がっていく噂や話にただただ、怯えている。

明らかになるのは怖い。

出来ればそっとしておいて欲しい。

でも、そういう自分をあえて隠して好人物(社交的な)を装っているんだから、仕方がないのか。

人に会いたくない。

人前に出たくない。

でも、そういうわけにもいかないか・・・。07199534.jpg

PR

コメント
無題
こんばんは、現在、公共施設でPCを使ってるStartin'です。

この本買おうと思います。
学生ゆえにクレジットカード使えないStartin'は、現金で購入なので、
現金で買える場所で売っていると嬉しいです(^ ^)。

深夜~今朝にかけて、息抜きのつもりで、
「愛の言霊」というBL映画を観ました。
攻めも受けも、自分たちをもっと男っぽくした感じの性格の方々。
BLでは、攻めは力強かったりする印象がつよいですが、
実際はプライドや自己顕示欲が強かったり、重たい人生や性格だったり。
この映画の攻めは、そういう所がかなり似ていて、俺は共感しまくりでした。
次にこんな行動とるだろうなという予想通りに映画の中で動いてたし(笑)。
俺は、この映画の受けが親友より少し自分勝手な感じで男っぽい人だなと思いました。
外見は2人とも自分たちとは違う雰囲気だけど、
共感できるシーンが多くて良かったです。
その後、生物薬剤代謝の勉強。
メリハリがついて、きっちり勉強できました(^_^)。

追伸:
記事から少しズレたコメントで、ごめんなさい。
あと、いつもTealの文字色でコメントしてますが、今日は、
凛さんが作ったペンダントに、文字の色を近づけたくて、DarkSlateBlueにしてみました(笑)。
あと、ブログ更新しました(^o^)/。
【2009/02/13 17:51】 NAME[Startin'] WEBLINK[] EDIT[]
無題
Startin'さんへ

『愛の言霊』はコミックスのが映画になったんですよね。
残念ながら、それは見てないんです。
親友さんをしのぐ受けさんはいないと思うよ。
Startin'さんのブログとかでしかわからないけど、お互いの存在は100年に一度くらいの奇跡の出会いだったんだろうと思います。
そういう人に出会って、両想いというのは、本当に羨ましい。
異性、同性を問わず、恋愛ってそういうもんだと思うので。
私は過去に出会った人たちが素敵すぎて(人間的に)・・・・よくあるパターンです。
でも、その人たちを想っている間はまだ終わってないのかな。
【2009/02/13 23:40】 NAME[凛] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
[03/02 凛]
[02/24 香酢]
[12/31 凛]
[12/31 桜]
[12/13 凛]
[12/13 Startin']
[12/11 凛]
[12/11 桜]
[12/04 凛]
[12/03 Startin']
最新記事
(04/20)
(12/10)
(11/12)
(09/23)
(08/24)
(08/03)
(07/30)
(07/28)
(07/26)
(07/21)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
性別:
非公開
趣味:
読書、ビーズ、ドール
自己紹介:
猫4匹と同居。
趣味や日々の出来事を中心に綴っていきます。BLや球体関節人形が苦手な方はゴメンナサイ!
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析