忍者ブログ
2008.11/7開始。BLと猫とドールをこよなく愛しています。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

塾の少年達は仲がいいです。

穏やかというか・・・。

いっぱい席が空いてても、隣に座る。

そんな窮屈そうにしないでも・・・と思うのだけど。

ふざけることなく、どっちかというと女の子みたいに静か。

学校でもこんな感じなのかな・・・。

でも、年によって違うけど。

2、3年まえはもっとやんちゃなタイプが多かったように思います。

今の子はどこか、ストイックに見える子が多いかな。

時代に反映するのかな。よくわからないけど・・・。

でも、仲がよいのはいいことです。

今日は宮本佳野さんのコミックスをまた取り上げます。

『RULES』全3巻。キャラコミックスから出ています。

これは前にレビューした『ラバーズ、ソウルズ 完全版』の続編。

『ラバーズ、ソウルズ 完全版』で恋人を失ったトオルが出てきます。

二組のカップルの恋愛を軸に物語は進んでいきます。

3巻あるので、レビューがまことに難しい。

うーん。

ユキ(受け)は好きな同級生(天鳥)への片思いに悩み、その苦しみを紛らわせるため一夜の相手を探す過程でヒカル(攻め)と出会います。

初めは逃げ場としての仮の恋人だったのに、ユキはヒカルの優しさに癒され、本気で好きになります。

ヒカルは見た目は遊んでる感じだけど、ユキのことは初めから本当に大切にしてて、ユキが本気になるのを待っていたみたいです。

で、もう一つのカップルなんですが、これがユキが好きだった天鳥とあのトオルなんですよ。

天鳥って、ノンケだったのに・・・。

でも、トオルもノンケだったんですよ。でも、恋人が亡くなってから、売りしたり、とにかくまともじゃなくて・・・。

そんなトオルとつきあうようになった天鳥をヒカルでさえ心配しています。

トオルは『本当の愛』をまだ理解できなくて。

そんな人なので天鳥はものすごく悩みます。

自分のことを本当に好きなのか、まだ前の恋人を思っているんじゃないだろうかと、グルグル、グルグルしてます。

トオルはトオルで、天鳥の考えがよくわからないし・・・。

でも、思うのは恋が成就したから終わりなのではなく、肝心なのはその先からなんだなぁということ。

この先もいろいろあるかもしれないけれど、二人の気持ちが確かならきっと乗り越えていけると思う。

3巻で、二組のカップルともそういう成長を遂げたと思えました。

だからこそ、彼らのその後、見てみたいなぁ~。


ゲイであることに劣等感を抱く、高校生のユキ。
同級生の天鳥への秘めた恋心を振り払うように、ゆきずりでバイセクシャルの青年・ヒカルと一夜を共にしてしまう―!!
好きな人がいても、年上のヒカルの腕の中は居心地がいい。
けれどある日、ヒカルとのキスを天鳥に目撃されて!?



07177896.jpg






PR

今日も寒いです・・・。

週末はまた雪が降るとか・・・。

厳しいなぁ。自転車通勤の身には。

そんなことを同僚の人と話していると、なぜ、車の免許を取らないのかと必ず聞かれる・・・。

うーん、そうですねぇ~。と言うけど、その先が言えない。

いつになったら言えるんだろうと自分でもその度に思うんだけど、結局、いつになっても言えない。

なんか、説明するのが面倒くさいというのもある。

説明してもわからないだろうとか、思ってる。

実際の私は装いすぎていて、PDには全く見えないから、そこから話さなきゃいけないし・・・。

って、よくそんなことで自分をわかってくれとか言うもんだ。

何も言わなきゃ、語らなきゃ、わかるはずないのに。

それでも・・・経験上っていうのは、かなり重要な理由になって・・・。

言わないというのは、騙してることになるのかなぁ・・・。

よくわからないです。

自動車学校は行ったけど、途中で辞めた。

祖母がせっかく出してくれたお金で行ったのに・・・。

でも、ダメだった・・・。頭の中が真っ白になって、息が出来なくなって・・・。

そんな人には車は凶器でしかない。

自分にとっても、他人にとっても・・・。

でも、上手く言えなくて。

『何度でも落ちてる人がいるよ。大丈夫、大丈夫』

と励まされた。

私ははははと笑うよりなかった。

しばらく、それでも通っていたけど、帰ってきてはずっと泣いてた。

自分が本当に駄目な人間に思えて。

みんなが出来ることが出来ないということが、こんなに辛いと思うことはなかった。

PDを心から憎んだ。

と同時に、その現実が重くのしかかってきた。

一生、それと付き合っていかなければならない自分を・・・。

悩みすぎて、頭で処理できる能力を超えてしまって、情報量があふれ、結局、壊れたんだけど。

壊れて、開き直って、もういいやと思えて・・・。

今に至る・・・って感じでしょうか。

だからかな、意味は全然違うかもしれないけど、同性しか好きになれない人の気持ちがわかる。

こんなことを言うと笑われるかもしれないけど。


今日のレビューは大好きな宮本佳野さんのコミックス『ネーム・オブ・ラブ』です。

これはCDにもなったんだよね。持ってますが、一度しか聴いてない。

攻め(康平)はスゴクカッコイイ人ですが、ゲイです。そのことは誰にも打ち明けていません。

彼は十年来、一人の人を思っていて・・・。

その彼(テツ)というのは、定職も持たずぶらぶらしてます。

デリヘルの送迎とかやってて・・・。

かなりヤバイ生活をしてるんですが、親友の自分に何の連絡もせずいたので、康平は怒ります。

その時のテツの言い訳は『康平はオレの一番の友達だからつまらないことで迷惑をかけたくない』。

康平は『それは違うだろう!』とさらに怒る。

でも、それにテツは『康平には本当に困った時に助けてもらおうと思って・・・。だから最後までとっておくんだ・・・』と返します。

テツは生活能力が著しく欠けてる感じですが、いい加減なやつなわけではない。

そういう彼のよさを康平は一番理解してるんだろうな・・・。

宮本さんは、それぞれの心境を隠すことなく露にしてストーリーに深みを持たせる天才だと思う。

テツにしても康平にしても、恋愛をしながらもどこか傷ついていて。

綺麗にハッピーエンドっていうのはなかなかないように思うけど、それでも最後は幸せになってるから。

もう一作の『heavenly』という話も好きです。

紆余曲折が人には必要なんだと、遠まわしにわからせてくれたっていうか。

すぐには答えが出せる代物じゃないんだよ、恋愛は・・・って。

その先の話が読んでみたかったな・・・。

結構、シビアなことも目を逸らさず描かれてる方なので、そういう人が甘いエピソードを描かれるとすごく萌える。

巻末の『晩ごはん』はかなりオイシイ!
32001636.jpg









 

BLを読み始めてから、他の文学小説が読めなくなってしまいました。

今もサン=テグジュペリの『人間の土地』っていうのを持ち歩いているのですが、読めない。

堀口大學さんの翻訳で、絶対、読んだら面白いというのはわかっているんです。

『星の王子さま』は私にとってはバイブルのような本だし。

だけど、心がついていかない。

どうしたもんだろう。

少し離れたほうがいいのかな。

でも、そんなことが出来たらとっくにしてたよね。

BLも前みたいに、なんでもかんでも読んでた頃と違って、かなり取捨選択するようになりました。

以前は新刊が出たら、とにかく読んでいたところがあったけれど・・・。

それで、今日は最近読んで感動した、宮本佳野さんの『ラバーズ、ソウルズ 完全版』について書こうと思います。

これはなんていうか、出来ればあらすじを知らずに読んで欲しい。

私はあらすじを読まないで、宮本さんの本というだけで購入したので、よけいにグッときました。

登場人物の四宮と同じで、真っ白になりましたね。

思い切り泣いて欲しい、というコミックスです。

この続編が出ているという話なので、是非読みたい。

四宮がどうやって立ち直るのか、誰が立ちなおさせるのか。

そりゃ、出来れば、一番いいのはあの人にもう一度出てきてもらうことですが・・・。

そんなにうまくはいかないよ・・・ね。

私は副題をつけるのが好きなんですが、これは、まさに『愛の軌跡』としたい。

この本について書くといいながら、こんな詐欺みたいな、フラストレーションがたまるようなのになってすみません。31956318.jpg




 



忍者ブログ [PR]
カレンダー
12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[03/02 凛]
[02/24 香酢]
[12/31 凛]
[12/31 桜]
[12/13 凛]
[12/13 Startin']
[12/11 凛]
[12/11 桜]
[12/04 凛]
[12/03 Startin']
最新記事
(04/20)
(12/10)
(11/12)
(09/23)
(08/24)
(08/03)
(07/30)
(07/28)
(07/26)
(07/21)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
性別:
非公開
趣味:
読書、ビーズ、ドール
自己紹介:
猫4匹と同居。
趣味や日々の出来事を中心に綴っていきます。BLや球体関節人形が苦手な方はゴメンナサイ!
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析