忍者ブログ
2008.11/7開始。BLと猫とドールをこよなく愛しています。
[21] [20] [19] [18] [17] [16] [15] [14] [13] [12] [11]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

前の記事で、私がBLへと辿り着くまでに読んだ本をあげましたが、今日、お話しするのもその中の一つです。

井上祐美子さんの『五王戦国志』(全8巻)です。

井上さんは古代中国を舞台にした歴史ドラマ(架空)を得意とされているんですが、BLじゃないのに、BLの匂いがぷんぷんするような男達が本当にたくさん出てきます。

人間の一人ひとりがすごく生き生きと書かれているというか、躍動感に溢れているっていうか、この作品はアニメで見てみたいとずっと思っていました。(今でも思っていますが)

なんか、読んでいて、ガンダムの世界なんですよ。

国が途中からいっぱい出てきて、どれが味方か敵かわからなくなってきますけど・・・。

あらすじ

兄と慕っていた「無影」に一族を滅ぼされ、「淑夜」は無謀にもかたきをとろうと一人で襲撃したが失敗に終わる。
しかし、半死半生で逃れた山野で、「羅旋」と名乗る不思議な漢に拾われた。
それが、全ての始まりだった。 
淑夜は五大国がしのぎを削る乱世の地を、衛王となった無影を倒すため謀士として頭脳を武器に歩みだした・・・。

私は淑夜(しゅくや)びいきの見方でずっと読んでいました。

無影(むえい)は憎みきれなかったなぁ。かわいそうな人だったと思う。

そして、また瀕死の淑夜を救った赫羅旋(かくらせん)が魅力的。

淑夜と赫羅旋は、相当怪しかったです。

無影もだけど、淑夜にはいろんな男達がかかわってきます。

・・・なんか、いつもにましてアバウトなレビュー。

いや、そもそも、こんなん、レビューと言えるのか?

とにかく、読んでみてください。

セリフがカッコイイ!

男が男に惚れるという世界を垣間見た気がします。

戦記ものはだから、好きなんだ。31045975.jpg








 

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
[03/02 凛]
[02/24 香酢]
[12/31 凛]
[12/31 桜]
[12/13 凛]
[12/13 Startin']
[12/11 凛]
[12/11 桜]
[12/04 凛]
[12/03 Startin']
最新記事
(04/20)
(12/10)
(11/12)
(09/23)
(08/24)
(08/03)
(07/30)
(07/28)
(07/26)
(07/21)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
性別:
非公開
趣味:
読書、ビーズ、ドール
自己紹介:
猫4匹と同居。
趣味や日々の出来事を中心に綴っていきます。BLや球体関節人形が苦手な方はゴメンナサイ!
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析