忍者ブログ
2008.11/7開始。BLと猫とドールをこよなく愛しています。
[24] [23] [21] [20] [19] [18] [17] [16] [15] [14] [13]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

なるべく長く続けたいとは思っているのですが、いつぽしゃるかわからないので、いろいろちょっと書いてみたいと思います。

結構、私は自己完結の恋をするタイプです。

好きになってしまう人が普通の人じゃなというところに原因があるのかな。

でも、それぞれ好きになる理由はあって、嫌いになってやめるということだけはありません。

身を引くっていうより、堪えられなくなって逃げるという方がニュアンス的に近いかもです。

その人は英会話の先生でした。

日系の人で、見た目は日本人。

でも、向こうで育ったため日本語はほとんど話せませんでした。

誰に似てるかなぁ。誰にも似てないかな。

強いて、強いて言えば、グッチ○○さんをもう少し二枚目にした感じ(なんて失礼な!)。

中肉中背。

笑顔がお日様みたいに素敵な人で、私はこの人に会ったときに教会の鐘の音を聞いたんですよ。

本当に。

だから、意識するようになったというか・・・。

物腰がすごく柔らかくて、人当たりがよくて、こんな素敵な人が世の中にいたんだってくらい、感動するような人でした。

タバコを吸う時に、横を向くだけじゃなく上を向くんです。

向こうじゃ、それが普通なのかな。

でも、煙を吸わせないようにする計らいが、今までしてもらったことのない心遣いでメチャクチャ嬉しかったですね。

話も面白いし、彼といると時間がたつのを忘れるくらいで。

PDの私ですが、まったく構えず、普通に話せて・・・。

ある日、何かの話から結婚の話題になって。

その人は言いました。

『僕は現世では結婚しないだろう。次に生まれてくる時はわからないけど』

まだ、結婚を諦める年齢じゃなかったし、なぜ?と聞いたんですが、少し苦いような顔をしたので、それ以上聞けませんでした。

でも、そのあと、彼がどうやらゲイらしいと聞きました。

あくまで、噂というレベルの話だったけど、そういえばと思うことはなかったとは言いません。

私には青天の霹靂だったし、どういう風に考えていいかわからなかった。

でも、それで彼の見方が変わったわけじゃなく、ただ自分は範疇に入れてもらえないんだという悲しさだけありました。

彼の恋人から取ろうなんて気持ちはまったくなかったし、辛い恋を私も彼もしてるんだなと。

でも、やっぱり自分の気持ちに区切りはつけていかなきゃと思いました。

理解は全然できなかったけど、自分では駄目なことだけはわかったから。

やっぱり会うのは悲しいから、なるべく会わないように時間を避けたり・・・していきましたね。

そのうち、本当に会えなくなって。

ある日偶然、バスの中から、彼の姿を見つけて、思いました。

本当に好きな人はどこにいても、どんな群集の中からも見つけ出すことが出来るんだなって。

そう思ったら、涙がこみ上げて仕方なかった。

あの時、本当は『どうして、この世では結婚しないなんていうの?』と聞きたかった。

聞いてたら、もっと辛かったかな。

今、彼はどこにいるのかわかりません。

一所に留まりたくないと行っていたので、今も旅をしてる最中かもしれませんね。

PR

コメント
無題
このブログで非公開コメント設定がうまくできなかったので、名前を隠させて頂きます。
凛さんなら俺が誰かわかると思うので。

俺はゲイよりのバイ(女性と付き合った事もあります)だから、
凛さんが好きになられた方とは少し違うかも知れないと思い、
相方(ゲイ)に電話で訊いてみました。

やはり、相方は女性を恋愛対象にできないという意見でした。
俺自身は性別問わず、好きですと言われたら、嬉しいと感じる男だから、
皆そうなのかなと思うと、そうでもないみたいです。


ここから先は、
凛さんが惚れた彼がゲイよりのバイ~バイセクシャル
だと仮定して、お話しさせて頂きます。
彼は、もしかしたら、
「彼自身のセクシャリティーのせいで、
自分を好きになってくれた女性の恋心を傷付けてしまう。
その女性を不安にさせてしまう。」
と思って、
「結婚できないし、しない。」
と言ったのではないかと思います。
だから、凛さんを恋の範疇外にした訳ではないと思います。
人柄も凄くいい方なそうだし、もし、どこかで
彼と出会えたなら、思い切って告白して欲しいし、
電話番号把握してて、今でも変わらない気持ちで、振られても構わないと思えるなら、
告白なさった方が良いのではと思います。
ゲイと結婚して、幸せに過ごしている女性もいるらしいし。
マラソンランナーの有森さんは、有名です。

もしかしたら、彼自身、心を痛めていて、
一ヶ所に留まりたくないんじゃなくて、
偏見差別が非常に激しい日本では、留まる事が出来ないんだと思います。
それに、「結婚しない」とはっきり言い切れる彼は、
紳士で真摯な方だと思う。
だけど、それは心を塞ぎ込んでて怖くて、
避けられるのも捨てられるのも淋しくて、って思いの表れな気もします。
「こんな自分を愛してくれる女性に出逢いたい」
とも彼は願ってるかもしれないとも感じます。
もし、このコメントで凛さんを不快にさせてしまったなら、
ごめんなさいm(_ _)m。
ただ、群衆の中から彼を見つける事ができるのは、彼を想ってる証だと思います。
告白する事は勇気の必要なことですが、大切な事だとも思うし、
結果はどうなるのかわからないけど、
それが彼の心の塞ぎ込みを少しだけ軽くさせる事につながると思います。
【2008/12/03 21:10】 NAME[NONAME] WEBLINK[] EDIT[]
返信。
NONAMEさん

ありがとうございます。
そうですね。
もっと、早くわかってたら、そうしていたかもしれません。
でも、私はその相手らしき人を知っていて、仲よさげなところもしっかり見てしまっていたりします。
本人から直接聞くのはやっぱり怖かったっていうのはあったですね。
だから、自分の傷が最小限のうちにと思ったわけです。
同性同士の恋愛に限らず、やっぱりその恋人達の絆というものは本当に固いものだというのはわかるから。
それを壊してまで、入り込みたいとは思わなかったし、どっちかというとショックの方が大きかったかな。
今はもう、いろんな恋愛があるって理解できているし、応援する立場に自然にいるけど、その頃の自分はまわりにゲイの人も誰もいなかったし、やはり想像もできなかったので。
どうして、どうして?というのでいっぱいだったですね。
今だったら、もっとわかってあげられたし、相談にものれたのに。
結構ね、向こうから来てた先生達は自由な人が多くて、根無し草って感じでした。
こんなんでいいのか?ってくらい。
そういう今がよければという考え方もちょっとわからなかったりはしたんだけど。
『私はやっぱり結婚して家庭をもつ』だろうと思っていたし、だから、彼が『この世ではしない』と言った段階でダメだと思った。
彼の考え方を変えさせようとはなぜか思わなかったんですよ。
それまでの気持ちだったんだよと言われればそうなんだけど。
なぜか、ね。
でも、正直、今、思います。
彼があの時ゲイだから、そう言ったかどうかはわからないけど、私も同じ気持ちだから。
この世では結婚しないと思う。
なぜと聞かれたら、やっぱり彼と同じで苦い顔しか出来ないですが。
だから、今、あの時の彼の気持ちがよくわかるんです。

いろいろアドバイスをくれてありがとうございます。
NONAMEさんのお気持ちは本当に嬉しかったです☆

【2008/12/03 21:51】 NAME[凛] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[03/02 凛]
[02/24 香酢]
[12/31 凛]
[12/31 桜]
[12/13 凛]
[12/13 Startin']
[12/11 凛]
[12/11 桜]
[12/04 凛]
[12/03 Startin']
最新記事
(04/20)
(12/10)
(11/12)
(09/23)
(08/24)
(08/03)
(07/30)
(07/28)
(07/26)
(07/21)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
性別:
非公開
趣味:
読書、ビーズ、ドール
自己紹介:
猫4匹と同居。
趣味や日々の出来事を中心に綴っていきます。BLや球体関節人形が苦手な方はゴメンナサイ!
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析